090-2999-3760
MENU

からだサポートSUZURAN(すずらん)|いわき市のDRT整体・背骨調整・産後骨盤矯正・マタニティ整体・水素足湯デトックス・黄土よもぎ蒸し

News

ブログ

News

ブログ

からだサポートSUZURAN(すずらん)|いわき市のDRT整体・背骨調整・産後骨盤矯正・マタニティ整体・水素足湯デトックス・黄土よもぎ蒸し

2024.05.11

正しい座り方、悪い座り方

こんにちは
からだサポートSUZURANです。

当店はDRTゆがみ調整後の状態を保つ為、座った時の姿勢指導を大切にしています。

DRT施術後は楽だけど、時間と共に症状も戻ってしまうという形は【座骨座り】に改善するよう頑張りましょう!


良い姿勢 【座骨座り】

座骨で座れている正しい姿勢です。
腰枕や500mlのペットボトルを腰に当てると背骨はS字カーブを描きます。
猫背もなく、きれいな座り姿勢です。





一方
悪い姿勢【ずるずる座り、足組みの原因】

椅子にもたれてズルズル座り。
座った姿勢が横から見るとCカーブ、そして猫背です。
腰がずるずる滑ってしまうので、足を組みストッパーの役目をさせている人もいます。
こういう方はふくらはぎの圧痛検査で(アキレス腱、下腿三頭筋)飛び上がるほどの痛みを訴えます。

猫背により首は痛い、肩は凝る、背中も痛いし胃も悪い、、
見た目の印象も悪いですね。
女性ですと子宮、卵巣への影響も考えられます。






骨格のゆがみは、耳の高さや肩の高さが違っていたり骨盤の歪み、手足の長さに違いがでます。
歪んだ背骨を調整し《姿勢を正す》事が大切です。


当院ではDRTゆがみ調整後、姿勢の指導を行っています。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
福島県いわき市
からだサポートSUZURAN

施術中はお電話に
出られない事がございますm(__)m
午前中は施術中のことが多く
折り返しのご連絡になります。
 
お問い合わせやご質問には
LINEをご活用ください♪